ピアス

ピアスと金属アレルギー


ピアスと言えば、「金属アレルギー」。

ピアスをつけるまではアレルギーは出ていなかったのに、ピアスをつけたことによってアレルギーになることがあります。

何度も繰り返して(持続して)ピアスをつけているために、ピアスに使われている金属イオンが溶けだしてきます。

体はこの金属イオンを免疫機能により異物と見なします。
このため「金属アレルギー」になってしまうんですね。





金属アレルギーの症状

・かぶれ
・かゆみ
・皮膚の赤み
・リンパ液が出る


金属アレルギーを発症すると、その金属をつけている限りこれらの症状が止まらなくなります。

もちろんピアスをつけた方全員が金属アレルギーになる訳ではありません。

しかし、一度金属アレルギーを発症すると、外してもまたその金属のついたピアスをつけることによって症状が出るようになってしまうんですね。

さらに、一生金属アレルギーで悩まされてしまうようになる方もいらっしゃいます。

アレルギーを起こしやすい金属

・ニッケル
・水銀
・鈴
・パラジウム
・コバルト
・クロム
・金
・バナジウム
・亜鉛
・鉄
・インジウム
・プラチナ
・銅
・アルミニウムなど


金や銀、プラチナなど、アレルギーを起こしづらい金属だというイメージがある方がいるかもしれませんね。
実はこれらの金属はすべてアレルギーを引き起こす可能性があるものばかりなんです。

ピアスの穴を開けた直後につけるファーストピアスはもちろんのこと、ホールが安定しても、上記の金属が含まれているピアスは金属アレルギーを引き起こす可能性があるということは知っておきましょう。

ちなみに、生体親和性が高く金属アレルギーを起こしにくい金属の代表としては「チタン」が、金属アレルギーを起こさないものには「プラスチック」や「セラミック」があります。



Copyright(C) ピアス穴あけ-自宅・病院でのピアスの開け方 Allrights reserved.