ピアス

ピアスホールの掃除、消毒


ピアスの穴を開けてそのままにしていると、ピアスの穴が臭うようになります。

これは古い皮脂や汚れがホールの中に溜まってしまったことによって起きる臭いです。

ピアスホールを掃除するジェルやグッズが販売されていますので、定期的に掃除をしてあげるようにしましょう。





炎症を起こした時は?

ホールが安定しても、何らかの原因で炎症を起こすことがあります。
そういった際にはホットソーク(塩湯)を使ってホールを洗浄してあげましょう。

ホットソーク(塩湯)の作り方

約200ccのぬるま湯(40℃)にティースプーン1杯程度の天然塩を入れて混ぜ合わせてください。
ホットソークで患部を10分ほど浸します。

ホットソークは、人間の涙(体液)と同程度の濃度の食塩水です。
ミネラル補給、水分補給が簡単に出来、死んだバクテリアなど不要物を洗い流してくれます。

※市販の消毒液は刺激が強いので、かぶれをかえって悪化させる場合があります。

※ホットソークには食卓塩は使わないようにしてくださいね。食卓塩の主成分はほとんど塩化ナトリウムで、ミネラルなどは含んでいませんし、細胞を傷つけることになってしまいます。

お手入れは定期的に

ピアスをあけてから何年も経ってくると、お手入れに気が行き届かなくなるものです。
掃除や消毒は皮膚の状態を見つつ、行うようにしてくださいね。



Copyright(C) ピアス穴あけ-自宅・病院でのピアスの開け方 Allrights reserved.