ピアス

安全性や衛生面を考えると病院が安心


ピアッサーを使って自宅でピアスを開けることもできますが、安全性や衛生面を考えるとやはり病院が安心ですね。

では、病院でピアスを開けたい場合は何科に行けばよいのでしょうか?





ピアスを開けるのは皮膚科で

・ピアスを開ける際、ファーストピアスに使うのは金か銀なら安心
・市販の消毒液を使う


こういった本当か嘘か分からないような情報を元にピアッシングして、化膿してホールがじゅくじゅくになってしまう方が後を絶ちません。

一度化膿すると改善するまでに時間がかかりますし、もちろんピアスを楽しむことができません。
ですからピアスを開ける際には皮膚科で穴を開けてもらうようにしましょう。

病院でのピアスの穴あけをすすめるワケ

・ホールの深さを調節できる
・トラブルが起こりづらいピアスを選ぶことができる
・トラブルが起きてもすぐに対応できる
・穴をあける時に無痛である
・清潔に穴あけができる


後で起こるであろうトラブルを考えると、やはり病院でのピアスの穴あけに勝るものはありません。

評判のいい病院を選ぶ

皮膚科であればどこでも大体ピアスの穴あけをしてくれますが、事前に評判のいい病院を調べるようにしましょう。というのは、皮膚科医でも、ピアッシングに関してはあまり技術の高くない医師がいるからなんです。

技術の低い病院でピアスの穴あけをすると、トラブルが起きることがあります。

穴あけをする際は、技術が高く、そしてピアスの穴あけに関するフレッシュな情報を常に持っている皮膚科でピアスホールを作ってもらいましょう。

ピアススタジオはどうなの?

ピアスの穴あけ専門の「ピアススタジオ」というものもありますが、日本ではピアスの穴あけは医療行為とされているため、医師免許を持たない人がピアスの穴あけを行うのは不当医療行為であり、過去に逮捕者も出ています。

しかし、多くのピアススタジオが黙認されているのが実情であり、腕が良くレベルも高いピアススタジオもある一方、感染に対する知識や設備が不十分な悪質・危険なピアススタジオも存在するため、ピアススタジオでの穴あけを行う際には十分な見極めが必要です。



Copyright(C) ピアス穴あけ-自宅・病院でのピアスの開け方 Allrights reserved.