ピアス

安心・安全にピアスを開けるには?


ピアスの穴あけは病院でしてもらうことができますが、病院ではなく自宅で、自分で穴あけを行う人も増えてきています。

しかし、やり方を間違えると耳たぶが感染して膿んで強い痛みが出てきてしまうなどの、トラブルが起きることもあります。

当サイトでは正しいピアスの穴あけの方法をお伝えするとともに、様々なピアスの種類、お手入れの方法、トラブルの対処法などについても解説していきたいと思います。



自宅でピアスを開ける 病院でピアスを開ける
最近は病院ではなく自宅でピアスを開ける方も増えてきています。

ここでは、自宅でのピアス穴あけに必要となる道具や手順、注意事項などについて説明します。

自宅でピアスを開ける際の準備
自宅でのピアスの開け方の手順
自宅でピアスで開けることもできますが、安全性や衛生面を考えるとやはり病院が安心ですね。

病院でピアスを開けたい場合に受診するべき科や、気になる料金についてなどです。

ピアスを開ける病院は何科?
病院でのピアス穴あけ料金の目安

ピアスの種類

耳ピアス(耳たぶピアス)

ピアスは体の様々な部位に付けることができますが、やはり一番ポピュラーでよく見かけるのが「耳ピアス」です。
軟骨ピアス 軟骨ピアス

耳たぶにピアスをあけるのは、ピアッサーなどでも比較的簡単にできますが、軟骨にピアスを開ける場合には注意が必要です。
マグネットピアス マグネットピアス

「体に穴は開けたくない」「学校でピアスが禁止されている」だけど、ピアスを楽しみたい!そんな方にぴったりなのが「マグネットピアス」です。
ボディピアス(ボディーピアス) ボディピアス(ボディーピアス)

ボディピアスが誕生したのは1970年代のアメリカ。耳ピアスに比べて太いピアスを使うことが多く、ホールも深めに開けます。
鼻ピアス 鼻ピアス

鼻ピアスを開ける位置で最も多く見られる「ノストリル(鼻翼)」。セプタム(鼻橋)や鼻根に開ける方もいるようですね。
口ピアス 口ピアス

口ピアスはつける場所が多いのでいろんな楽しみ方ができるのですが、その反面、歯などに引っかかりやすいことが難点です。
舌ピアス(タンピアス) 舌ピアス(タンピアス)

モデルやタレントにもタンピアス(舌ピアス)の愛用者は多く、特に舌の中央につける「センタータン」というピアスが人気です。
へそピアス へそピアス

おへその形を気にしている方などは、夏に水着になる時などへそピアスをつけることによって、おへその形を気にしなくてもよくなります。

ピアスのお手入れ

お手入れ 穴を開けてそのままにしていると、ピアスの穴が臭うようになります。

ピアスホールを掃除するジェルやグッズが販売されていますので、定期的に掃除をしましょう。

ピアスホールの掃除、消毒

ピアスの穴あけ時のトラブル

トラブル 誰でも簡単にピアスをつけることはできるのですが、ピアスの穴あけには様々なリスクを伴うことも忘れてはいけません。

ピアスの穴あけ時のトラブルについて解説します。

ピアスの穴あけ時のトラブル

ピアスホールが閉じた場合は?

ピアスホールが閉じた セルフピアッシングなどで穴あけをしている場合は、ピアスの穴あけをしてから間もない頃に、ピアスホールが閉じてしまうことがあります。

そのような場合、どう対処すればよいのでしょうか?

ピアスホールが閉じた場合は?

ピアスと金属アレルギー

金属アレルギー ピアスをつけるまではアレルギーは出ていなかったのに、ピアスをつけたことによってアレルギーになることがあります。

金属アレルギーになりやすい素材となりにくい素材とは?

ピアスと金属アレルギー



Copyright(C) ピアス穴あけ-自宅・病院でのピアスの開け方 Allrights reserved.